←prev entry Top next entry→
フォーカス進路達成「総合進学コースから慶應義塾大学合格の秘訣」

3月に卒業した山陽女子高校三年生の中から自分の進路を掴んだ人にインタビューする「フォーカス進路達成2013」です。

山陽女子中学校から、高校総合進学コースに進み、部活と勉強の両立で慶應大学環境情報学部に合格した田中麻奈美さんにお話しを聞きました。

−慶應大学に合格おめでとうございます。
ありがとうございます。6年間がんばってきたことが形になってよかったです。


−田中さんはなぜ山陽女子を選んだのですか?
私は、小さいころから体操をしていて、中学に上がったら名門中の名門である山陽女子で競技したいという思いがありました。そのまま6年間、体操部に所属しました。


−部活だけではなくて勉強の方もがんばりましたね。
はい。特に高校になると勉強の内容は難しくなり、教科数も増えたので、中学の頃より両立は難しかったですが、ここでも先生方の手厚いサポートのおかげで文武両道を達成できました。部活動では辛くてしんどい時もありましたが、周りの友達の支えで最後までやり遂げることができたと思います。


−志望校選びのきっかけは?
中学の頃から漠然と大学進学を考えていましたが、高校生になり、自分は何がしたいのかということを真剣に考えるようになり、学校の先生や、体操で知り合った方などのアドバイスを参考にしながら慶應義塾大学に決めました。


−難関校ということで心配はなかったですか?
体操部で親しくさせていただいた先輩が、香川大学医学部医学科に合格した姿を見て「私も努力すればできるのではないか?」という思いがわき出て、言葉ではうまく言い表せませんが、自信のようなものがありましたね。


−3年間を振り返って総合進学コースとはどういうところだったと思いますか。
総合進学コースは、それぞれの目標ややりたいことに合わせて手厚くサポートしてくれ、一人ひとりの将来の可能性を大きく切り開いていける環境を提供してくれます。勉強も大事だけど大好きなことがある。部活と勉強を両立したいけど、将来に不安もある。何も決まってないけど高校生活を充実させたい。好きなものを見つけたい、という人に最適なコースです。


−文武両道には最適なコースということですね。それでは最後に一言
努力が認められたのか、第1志望の慶応義塾大学に合格することができました。もちろん、親や先生方を始め、周囲の方々のサポートあっての合格なので、支えて下さった方々に大変感謝しています。

 

にほんブログ村 教育ブログへランキングアップにご協力おねがいします。
| sanyojoshi | 進路指導 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: