←prev entry Top next entry→
高一(総合進学コース)授業の様子

 高校一年生(総合進学コース)の理科の授業の様子を紹介します。今回は、学校近く桜橋の岡山県営食肉地方卸売市場より手配させていただいた「ブタの眼球の解剖」実験の様子です。

 

 感覚器であるヒトの眼は光を受容します。光は水晶体を通り、網膜上に像を結びます。

 

 実際にブタの眼球を解剖し、構造を観察しました。手袋をし、衛生面に気をつけながら、前半球と後半球に切り分けます。

 

 各班で水晶体を取り出し、印刷物の上に置くと、「文字が大きく見えるー!」「すごい!」「網膜黒い!」と言った解剖実験ならではの感想が聞こえてきました。

 

 解剖実験では、知識だけではなく、生き物に対する畏敬の念を持ってもらいたいと思っています。

 

 

高一Bの様子

 

 

 

高一Cの様子

 

 

 

 

 

 

 

解剖後は、土に埋めて供養します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| sanyojoshi | ニュース【高校】 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: