←prev entry Top next entry→
中学1年生 環境学習講演「西日本豪雨、真備からの報告〜あの日何が起こったか」

6月7日(金)山陽新聞社、総社支局より古川和宏氏をお招きし、

環境学習講演会を行いました。

西日本豪雨による被害の状況や、当日の防波堤が決壊した様子を

写真織り交ぜながら説明してくださいました。

古川さんご自身も西日本豪雨災害で被災されました。取材からの帰り道に、

防波堤の決壊を発見し、川の水がどの方向へ流れていくのかが

分かったとおっしゃられました。目の前の光景が現実なのか分からなかった。

また、流れてきた川の水は非常に冷たく、

上半身をつけられないほどだったとテレビなどの報道からは

知ることができないことを伝えてくださいました。

ポスターを作る予定の生徒から「一番伝えたいことは何ですか」と

質問があがると、

「今回たまたま真備町だった。どこでも起こりうる災害に対して備えることが大切です。」と

答えてくださいました。

 

中学1年生の総合学習のテーマは「環境」です。

真備でのフィールドワークや文化祭での展示発表を予定しています。

 

 

 

 

 

| sanyojoshi | - | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: