←prev entry Top next entry→
教育実習の先生にインタビューしました(3)赤澤先生

6月4日(月)〜22日(金)の3週間、山陽女子中学校・高等学校では、教育実習が行われました。

今回の教育実習生は3人の先生方であり、編集部員で教育実習生にインタビューを行いました。

3人目の先生は、英語科の赤澤先生です。

 

最後のHRで生徒からのメッセージを送られる赤澤先生

 

―自己紹介を、お願いします!

ノートルダム清心女子大学英語英文学科の赤澤です。教育実習では、中3のホームルームと、中2の英語の授業を担当しました。好きな動物は犬で、小さい頃の夢は獣医さんでした。

 

―先生は山陽女子の卒業生ということですが、在学中の山陽女子での生活はどうでしたか?

高校生活で楽しかったのは、オーストラリア研修と、体育祭の2人3脚、文化祭のかき氷でした。

高校三年生の時には、国語・英語・日本史の3教科を使って国公立大学の前期試験まで勉強を頑張りました。

3年間担任をしてくださった馬木先生が日本史の先生だったので、受験時にはずっと日本史を教えてもらいました。

 

―教育実習は、どうでしたか?

実習前は、何をするのかもわかっていなく、緊張と不安でいっぱいでした。

実際実習が始まると、思っていた以上にハードな仕事でしたが、楽しく充実した毎日が過ごせました。

今は、研究授業が無事終わるように祈るばかりです。

 

―最後に一言メッセージを下さい。

今頑張っていることを、ぜひ頑張ってほしいです。

視野を広げて、学生生活を楽しんでください!!

 

(高二編集部 大原・永井)

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: