←prev entry Top next entry→
【エクセル】オーストラリア研修10

8月2日(火)、山陽女子高等学校エクセルコース1年生のオーストラリア研修16日目です。

いよいよセントマーガレット校での研修最後の日を迎えました。

今日も様々な活動プログラムが用意されていました。

最初にバディと合流して一緒に授業を受け、学校集会に参加しました。

 

 

学校集会では、山陽女子の生徒たちに対する歓迎の言葉と帰路の安全を祈る、という校長先生の言葉もありました。

写真は、最後に集合写真を撮った際のものです。

よく見ると、現地校生徒に混じって山陽さんの姿が。

すっかり溶け込んでいます。

 

最後のESLの授業では、アリスン先生が交換留学生として福島県に2か月間滞在した時の思い出を紹介してもらいました。

そして、アリスン先生のプレゼンを例に生徒たちは自分たちがオーストラリアで経験したことを英語でまとめました。

英作文に苦戦していましたが、この16日間の思い出を振り返ることができました。

 

 

ESLの後は、終了式とお別れの昼食会です。

一人ひとり校長先生から修了証を渡して頂きました。

さらにセントマーガレットのマフラーも記念に下さいました。こちらはアリスン先生が渡して下さり、生徒たち一人一人に「よく頑張りました」と言葉をかけてくれました。

 

 

最後に生徒を代表して津田さんと谷脇さんが英語でお礼の言葉を述べました。

16日間、大変充実した時間を過ごすことができた感謝の思いを伝えました。

 

 

バディとのお別れ会では、一緒に昼食をとりながらバディとの別れを惜しみました。

手紙やプレゼントを貰った生徒もいたようです。

この16日間本当に優しく接してくれたので、「バディシックになった・・・別れたくない」と口にした生徒もいました。

名残惜しくて思わず泣いてしまう生徒もいました。

多くの生徒が「また会いたい」と口にしていました。

オーストラリアに友達ができるという貴重な経験を通して、英語や海外への興味が高まったように感じました。

 

 

日本語で手紙を書いてくれたバディもいました。

一生懸命書いてくれたことが伝わる、思いのこもった手紙に生徒はとても喜んでいました。

 

 

修了証を受け取った生徒は満足そうな表情です。

この研修を経て、言葉の壁を乗り越える困難さを味わったけれど、それぞれに大きなものを得ることができたのではないかと思います。

明日は、いよいよ日本へ帰ります。

 

 

にほんブログ村 教育ブログへランキングアップにご協力おねがいします。

| sanyojoshi | エクセルコース【高校】 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: