【みさお会】平和の折り鶴を商店街へ飾りました

山陽女子中学校・高等学校では毎年、平和七夕まつりのために折り鶴のれんを製作しています。

平和への祈りを込めて全校生徒が一人5羽以上折り、みさお会役員が一羽ずつ糸を通して仕上げました。

 

今年の作品は黄緑の鶴で作られた下地に花の色は平和を象徴する白と黄色で作りました。日々の暮らしの中で心安らかに暮らせる日が一日も多くありますようにと願いを込めています。

 

7月12日(金)まで、栄町商店街にありますので近くをお通りの際は是非みてください。

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
漢字検定を実施しました

 14日(金)に中学生と高校一年生が漢字検定を受験しました。今年度1回目の漢検です。漢検の受験者は年間200万人近くいるそうです。「読む」「書く」という知識量だけではなく、文章の中で適切に使える能力も測られます。

受験した皆さん、力を発揮できたでしょうか?高校二・三年生は希望者が受験しました。

 

中学生の漢検の様子

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
本校理科室紹介 〜DNAらせん構造模型〜

中学3年生の理科の授業では遺伝子の組み合わせ実習を行いました。グループで遺伝の規則性を調べます。メンデルは、膨大な数学データを処理し、「遺伝子」の存在を世界で初めて見つけました。しかし、この発見はアイデアが斬新すぎたために、当時は誰も理解できませんでした。その後ワトソンとクリックが二重らせん構造を提唱しました。

 

そんな科学者に敬意を払い、本校の理科室の入口には高校生が作成したDNAの構造模型が飾ってあります。理科室で授業を受ける生徒は、二重らせん構造の下をくぐり教室に入ります。

 

そこから理科の授業がはじまりです。

 

科学者たちの叡智に見守られていることでしょう。

 

 

理科室入口の様子

 

 

遺伝の授業の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
アンネのバラが咲いています

山陽女子中学校・高等学校の体育館前に植えられている「アンネのバラ」が、咲いています。

この「アンネのバラ」は、広島県福山市にあるホロコースト記念館から13年前にいただいたものです。

 

 

「アンネのバラ」とは、アンネ=フランクの父であるオットー=フランクが世界に広めたバラです。

今年も、山陽女子中学校2年生は、ホロコースト記念館を訪れ、平和学習に取り組みました。

 

今年もきれいに咲いた「アンネのバラ」は、私たちの平和を見守っているようです。

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
授業見学週間

5月14日(火)〜17日(金)、山陽女子中学校・高等学校では、授業見学週間を実施しました。

 

高三地理Aの授業

中2英会話の授業

 

総勢76名の保護者の方が授業を見学してくださいました。

お忙しい中、授業を見学してくださり、ありがとうございました。

教員一同、これからも毎日の授業を大切に行っていきます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
創立132周年記念式

10月18日、山陽学園は創立132周年を迎えました。この日、山陽女子中学校・高等学校体育館で記念式典が開かれ、山陽女子中学生・高校生と教職員、大学短大の学生・教職員、そして同窓生や学園理事など、多くの学園関係者が集まり、132年の歴史を振り返りました。

今回の創立記念式では、渡辺雅浩理事長から「学園の教育改革の一環として2020年度から男女共学にする」との発表がありました。

また、記念講演としては、山陽学園短期大学附属幼稚園の江藤由香里先生から「禍転じて福と為す 〜私と山陽学園〜」というテーマでお話をしていただきました。

 

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
【みさお祭】高二E組は、「二Eでポン!」をします!

9月8日(土)、山陽女子中学校・高等学校では、みさお祭(文化祭)が行われます。

今年のみさお祭のテーマは、「〜紡ぐ〜私たちの絆」です。

様々なクラスや部活動の展示やステージ発表、食品バザーなど行っています!

西日本豪雨への募金活動も行っていますので、ぜひご来校ください!!

 

今日は、私たち高二E組がステージ発表の準備をしている様子を紹介します。

 

 

高二E組は、「2Eでポン!」を行います。

「2Eでポン!」とは、観客参加型のクイズ大会です。

すごく短い期間ですが、来た人に楽しんでもらえるように準備しています!

クラス一丸となって頑張っているので、ぜひ参加しに来てください!

                              二E一同。

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
ダンス部&JRC部 うらじゃを教えてきました!

7月16日(月) ダンス部とJRC部が旭東小学校で開催された

「夏のスポーツお楽しみ会」に参加をしました。

 

たくさんの地域の園児や小学生が足を運びました。

ダンス部員・JRC部員も一緒にゲームに取り組みました。

毎年うらじゃに参加している

ダンス部は皆さんの前でうらじゃを披露しました。

振り付けを知っている子や、

大きな掛け声をだしてくれる男の子が

盛り上げてくれました。

ひととおり振り付けを覚えた後は輪になって踊りました。

 

JRC部員は参加してくれた子ども達に

フェイスペイントを施しました。

キャラクターや文字をリクエストされて

一生懸命描いていました。

 

山陽女子ダンス部は今年もうらじゃに参加します!

応援をよろしくお願い致します。

生徒の感想です。

普段小学生と触れ合う機会が少ないのでとても貴重で楽しかったです。

うらじゃを教えた時みんな一生懸命踊ってくれて嬉しかったです。

 

学校の近くの地域の子ども達と一緒に触れ合うことができてよかったです。

普段は高校生にダンスを教えるので、小学生に教えることが初めてでした。

どうやったら分かりやすく小学生に伝わるかを考えながら

貴重な体験ができました。

うらじゃでは「舞雷絆貫(ぶらいはんかん)」というグループ名で活動しています。

本番に向けて毎日、学校の運動場で練習をしています。

練習した成果を本番で出せるように

頑張るのでよかったら見に来てください!

 

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
教育実習の先生にインタビューしました(3)赤澤先生

6月4日(月)〜22日(金)の3週間、山陽女子中学校・高等学校では、教育実習が行われました。

今回の教育実習生は3人の先生方であり、編集部員で教育実習生にインタビューを行いました。

3人目の先生は、英語科の赤澤先生です。

 

最後のHRで生徒からのメッセージを送られる赤澤先生

 

―自己紹介を、お願いします!

ノートルダム清心女子大学英語英文学科の赤澤です。教育実習では、中3のホームルームと、中2の英語の授業を担当しました。好きな動物は犬で、小さい頃の夢は獣医さんでした。

 

―先生は山陽女子の卒業生ということですが、在学中の山陽女子での生活はどうでしたか?

高校生活で楽しかったのは、オーストラリア研修と、体育祭の2人3脚、文化祭のかき氷でした。

高校三年生の時には、国語・英語・日本史の3教科を使って国公立大学の前期試験まで勉強を頑張りました。

3年間担任をしてくださった馬木先生が日本史の先生だったので、受験時にはずっと日本史を教えてもらいました。

 

―教育実習は、どうでしたか?

実習前は、何をするのかもわかっていなく、緊張と不安でいっぱいでした。

実際実習が始まると、思っていた以上にハードな仕事でしたが、楽しく充実した毎日が過ごせました。

今は、研究授業が無事終わるように祈るばかりです。

 

―最後に一言メッセージを下さい。

今頑張っていることを、ぜひ頑張ってほしいです。

視野を広げて、学生生活を楽しんでください!!

 

(高二編集部 大原・永井)

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
教育実習の先生にインタビューしました(2)小松原先生

6月4日(月)〜22日(金)の3週間、山陽女子中学校・高等学校では、教育実習が行われました。

今回の教育実習生は3人の先生方であり、編集部員で教育実習生にインタビューを行いました。

2人目の先生は、音楽科の小松原先生です。

 

音楽科主任の川野先生と小松原先生

 

―自己紹介を、お願いします!

国立音楽大学音楽学部演奏・創作学科声楽専修の小松原です。教育実習では、高三のホームルームと、高一の音楽の授業を担当しました。将来の夢は日本一周することで、得意料理は肉じゃがです。

 

―先生は山陽女子の卒業生ということですが、在学中の山陽女子での生活はどうでしたか?

私は中学校から山陽女子に通っていたのですが、声楽を始めたのは高校1年になってからでした。

母が山陽女子で声楽の教員をしていたので、その影響もあったのだと思います。

学校生活で思い出に残っていることは、中学校時代の沖縄修学旅行です。

台風が来て、海にあまり入れなかったことが残念でした。

 

―教育実習は、どうでしたか?

Musicコースを担当すると聞いており、実習前は緊張していました。

自分もMusicコース出身なのですが、クラスメイトもとっても元気いっぱいだったので、先生が務まるのか不安でした。

しかし、実際生徒と接してみると、そんなことは全くなく、生徒もたくさん協力してくれました。

 

―最後に一言メッセージを下さい。

周りの人を大切にしましょう!

 

(高二編集部 大原・永井)

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |