タイからの留学生

タイのモンフォート高校から、パナッダー・チュムチャーさんが日本に留学に来ました。

4月12日(水)〜5月11日(木)の1か月間、山陽女子高等学校エクセルコース二年生のクラスに入り、授業や学校行事に参加しました。

編集部では、帰国が近いパナッダーさん(ニックネームはポップちゃん)をインタビューしました。

 

 

Q.タイと日本との違いで驚いたことはありますか?

日本では、電車で並んでいることに驚きました。特に通学の時の市電で、たくさん並んでいるのにびっくりしました。

また、トイレとお風呂が別になっていることに驚きました。タイでは一緒になっています。

 

Q.日本で行きたい所はどこですか?

A.北海道の札幌に行ってみたいです。タイでは雪が降らないので、見たことがないです。ぜひ雪を食べてみたいです。カニも食べたいです。

 

Q.岡山で一番楽しかったことは何ですか?

A.イオンモール岡山に行ったのは楽しかったです。また、食べ物が印象に残っています。ホストマザーが作ってくれたカレーライスがとてもおいしかったです。辛い食べ物も好きです。

 

Q.山陽女子での学校生活はどうでしたか?

A.先生と生徒がとても優しいことが印象に残っています。学校も生徒も素敵で、みんなかわいかったです。授業は難しかったけど、楽しかったです。英語や音楽、体育が特に楽しかったです。礼法の授業では、正座がしんどかったです。

 

他にもいろいろ聞いたので、山陽学園新聞でも紹介します。

ポップちゃんは、もうタイに帰国しました。

タイに帰ってからも、日本語の勉強頑張ってください!!

 

(編集部高一 大原・永井・中原・横山)

| sanyojoshi | エクセルコース【高校】 | comments(0) | - | - | - |
今年も地歴部は世界視野で意欲的に活動します!

【地歴部】日本地理学会 春季学術大会高校生ポスターセッション 理事長賞受賞

 

 月28日(火)に筑波大学にて、日本地理学会春季学術大会が開催され、地歴部の中原舞子さん・鵜沼真生さんが高校生ポスターセッションを行い、理事長賞(第2位)を受賞しました。

 地歴部が取り組む瀬戸内海の海底ごみ問題の解決プロジェクトを進める中で、沿岸域からアプローチすることが、閉鎖性海域である瀬戸内海へは効果的であることを報告しました。

 ポスターセッションでは聞いていただいた先生方から、調査方法など多くのアドバイスをいただきました。このアドバイスを今後の研究発表へ生かしたいと思います。

 

 

 

| sanyojoshi | - | comments(0) | - | - | - |
みさお会総会

5月1日(月)、山陽女子中学校・高等学校では、みさお会総会が行われました。
山陽女子では、生徒会のことを「みさお会」と呼んでいます。

 


総会では、昨年度の決算報告と部活動・委員会活動の総括、今年度予算案の審議・可決が行われ、今年度活動方針が示されました。
今年度は、「広げよう奉仕の輪」という方針のもと、社会貢献活動など積極的に取り組んでいきます!

 

(編集部高一 大原・中原)

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
体育祭準備

山陽女子中学校・高等学校では、体育祭準備のため、各クラスが応援パフォーマンスの練習、パネルの作成に取り組んでいます。

応援パフォーマンス、パネルそれぞれのリーダーを中心に頑張っています。

体育祭本番では、各クラス一丸となって練習の成果を発揮します。

今年の優勝は、いったいどこのクラスになるでしょう!!

 

 

体育祭は、5月9日(火)です。

あと少しの時間ですが、最高の体育祭になるように、最善の努力を尽くしたいです。

 

 

(編集部高一 大原・中原)

| sanyojoshi | ニュース【中・高】 | comments(0) | - | - | - |
【中3】English Camp(2日目)

4月24日(月)〜25日(火)、山陽女子中学校3年生は、国立淡路青少年交流の家において、English Campを行いました。

3月に行うオーストラリア研修の事前研修の一つです。

 

2日目は、朝の6時30分から、海へ行きたい人は海を見に行きました。

とてもきれいで、今日も一日楽しもうと思いました。

その後、朝の集いを行いました。

 

 

午前中は、英語の授業を2時間(50分×2回)行い、11時からはプレゼンテーションを行いました。

昨日の夜から準備してきた日本の文化紹介のプレゼンを行いました。

うどんや着物、和食など、英語でスピーチしました。

 

 

昼食後、退所式を行い、学校へ帰りました。

国立淡路青少年交流の家の職員のみなさん、ネイティブの先生方、本当にありがとうございました!!

 

<中3の生徒の感想>

I finished English camp. When teachers talked to me, I didn’t understand any words. So I couldn’t speak English. But my teacher Nandipa’s words changed me. She said “Don’t  be afraid of making mistakes.” I think it is important to try. I learned a lot. Speaking English is very difficult for me. But I want to do my best.

 

(編集部中3 阿曽)

| sanyojoshi | ニュース【中学校】 | comments(0) | - | - | - |
【中3】English Camp(1日目)

4月24日(月)〜25日(火)、山陽女子中学校3年生は、国立淡路青少年交流の家において、English Campを行いました。

3月に行うオーストラリア研修の事前研修の一つです。

 

まず、行きのバスの中では、ネイティブの先生方が英語でゲームをしてくれました。

そのおかげで、先生方との距離が近くなった気がしました。

 

 

淡路島にある国立青少年交流の家に着くと、入所式を行いました。

午後からは、英語の授業を4時間(50分授業×4回)行いました。

6グループに分かれ、英語のスペルを使って英単語を当てるゲームなどをしました。

授業はずっと英語で、とても新鮮でした。

 

 

夕食後は、30分間授業を行い、体育館でドッジボールとバスケットボールを行いました。

スポーツのときも英語でコミュニケーションをとりました。

 

 

英語漬けの一日でしたが、とても楽しく過ごすことができました。

明日はもっと自分から積極的に英語を話すように心がけたいです。

 

(編集部中3 阿曽)

| sanyojoshi | ニュース【中学校】 | comments(0) | - | - | - |
【エクセル・SP特進】第1回全統マーク模試

4月22日(土)〜23日(日)、山陽女子高校エクセルコース、スーパー特別進学コース三年生は、今年度初めての全国模試を受験しました。

 

 

センター試験本番と同様のマーク形式の試験に緊張しながらも、一問一問真剣に問題を解いていきました。

 

自分の進路目標を達成できるように、日々の学習や定期考査、全国模試を大切にしていきたいです。

 

(編集部三年 岡本)

| sanyojoshi | エクセルコース【高校】 | comments(0) | - | - | - |
【エクセル・SP特進】勉強ガイダンス

4月15日(土)〜16日(日)、山陽女子高校エクセルコース・スーパー特別進学コース一年生は、岡山県青少年センター閑谷学校で、勉強ガイダンスを行いました。

入学して初めて行った行事でした。

 

まず、閑谷学校にて、講堂学習を行いました。

論語を唱和し、日常生活の心構えを学びました。

 

 

午後からは、野外炊事を行いました。

コース関係なく、和気あいあいと楽しみながら、カレーを作りました。

野外炊事を通して、一人ひとりの役割をまっとうし、話したことのない友達と話す機会もでき、絆を深めることができました。

 

 

その後は、5教科の先生方から、高校での勉強方法や大学への進学について教えていただきました。

これからの勉強の大変さを感じ、同時に、頑張ろうと強く思いました。

 

 

最終日は、ボランティア清掃を全員で行いました。

山陽女子の教育理念である「愛と奉仕と感謝」を学び、閑谷学校から感謝状もいただきました。

 

(編集部高一 大原・中原)

| sanyojoshi | エクセルコース【高校】 | comments(0) | - | - | - |
【中3】オーストラリア研修11日目・12日目(長期組)

3月16日(木)〜17日(金)、山陽女子中学校3年生は、オーストラリア研修11日目・12日目(最終日)です。

 

16日の早朝にゴールドコーストを経ち、夜に日本の関西国際空港に到着しました。

一日移動で疲れましたが、久しぶりの日本を肌で感じ、みんな嬉しそうでした。

17日は、関西国際空港から学校まで、高速バスで帰岡しました。

学校に到着すると、多くの保護者や先生が出迎えてくれました。

解散式で、代表生徒の浜田さんは、感謝の気持ちを述べるとともに、

「日本ではできない経験を、このオーストラリア研修ではたくさんできました。高校生になってから、今回の研修で学んだことを生かして、生活していきたいです。」と、あいさつしました。

 

長いようで短い12日間のオーストラリア研修でした。

英語の勉強だけでなく、文化の違い、集団生活の仕方、人との関わり方、世界共通で大切なことなど、多くのことが学べる研修となりました。

日本に帰ってからは、今回学んだことのまとめを行うとともに、来年の研修をより良くするために、後輩たちへのアドバイスも行っていこうと思っています。

今回の研修でお世話になった皆様、本当にありがとうございました!!

 

 

生徒の日記(直井さん)
「日本に帰ってきた。久しぶりに日本食が食べられて嬉しかった。

オーストラリア楽しかった。英語が分からなくて、言いたかったことを全然伝えられないこともあった。そういう状況を経験してから日本に帰ってくると、日本語なら言いたいことが言えることに気が付いた。人見知りだけど、日本語なら克服できそう。日本語なら、いくらでも話します!!」

| sanyojoshi | ニュース【中学校】 | comments(0) | - | - | - |
【中3】オーストラリア研修10日目(長期組)

3月15日(水)、山陽女子中学校3年生は、オーストラリア研修10日目です。

長期組30名は、セント・ヒルダズ・スクールで、最後の研修を行いました。

学校に到着すると、まずは送ってくれたホストファミリーに最後のお別れをしました。
8日間お世話になったホストファミリーとハグをして、感謝の気持ちを伝えました。

午前中は、Hayley先生による英会話の授業と、日本の文化紹介をしました。
文化紹介では、セント・ヒルダズ・スクールの日本語授業を受講している6年生に、日本の伝統文化を披露しました。
生徒たちは、5グループに別れ、それぞれ「紙芝居」「福笑い」「けん玉・お手玉」「縁日」「着物」を紹介しました。
セント・ヒルダズ・スクールの6年生は、積極的に参加しながら、日本の文化を体験してくれました。

ランチは、バディといっしょに食べました。バディと過ごすのも、今日が最後です。ランチを食べたあとには、お礼の手紙を渡しました。

ランチ後は、オーストラリア研修の修了証書授与式が行われました。
セント・ヒルダズ・スクールの副校長先生から、生徒一人ひとりに修了証書を授与していただきました。

その後、セント・ヒルダズ・スクールを離れ、ゴールドコースト空港近くのホテルに移動し、一泊しました。

 

 


生徒の日記(浜田さん)
「今日は、ホストファミリーとお別れの日でした。学校まで送ってもらって、ハグとキスをしてさよならをしました。とても寂しく、泣きそうになりました。本当に、お世話になりました。

学校では、ヘイリー先生の最後の授業をして、バディとも最後のランチパーティーをしました。ヘイリー先生の授業では、オーストラリアの思い出ビデオを作りました。バディとのさよならランチパーティーは、寮の食堂でしました。私は、1日目と2・3日目のバディが違ったので、2人ともパーティーに来てくれました。いっしょに写真を撮って、メールアドレスを交換しました。お別れはすごく悲しかったけど、帰ったらメールしてみます。

オーストラリアをさよならするのはとても悲しいです。すごく楽しくて良いオーストラリア研修でした。」

| sanyojoshi | ニュース【中学校】 | comments(0) | - | - | - |